ホーム > レパートリー > レパートリーが少ないのでテープを借りて練習した

レパートリーが少ないのでテープを借りて練習した

私は、昔から歌謡曲を全く聞かなくて、映画のサウンドトラックばかり聞いていました。
そして中学生の頃、初めてカラオケに誘われまして、レパートリーが少ないんで妹から歌謡曲のテープを借りて練習してました。
女性モノがおおかったですが。
それからカラオケに目覚めて、どうやったら上手くなれるかを考えました。
一つはリズム感。
これがないと話になりません。
中学生の頃は吹奏楽部だったので、リズムは何とかなりました。
あとは音階ですね。
これは記憶力もモノを言うと思います。
MDに自分の歌声を録音し何度も原曲と聞き比べました。
カラオケに幾度、友達の歌を聞き音がハズレてないかチェックするのです。
そうすることで、キーがハズレてるなとか、リズム感がズレてるとか言い方がわるいですが、反面教師とさせていただきました。
しかし、今でもビブラートがいまいちできてません。
これは、何回も曲を聞いて真似するしかないと人から教わりました。
いまでは、多少ならビブラートも使える様になりました。

カラオケは苦手でも楽しめる